フラット35

住宅ローンのフラット35の概要とは

住宅ローンには、フラット35や財形住宅融資などの公的融資や民間融資があります。

 

フラット35は、民間金融機関が融資を行いますが、融資実行後に住宅金融支援機構が住宅ローン債権を買い取る仕組みで融資を行っています。

 

 

フラット35は、利用出来る人の主な要件は、満70歳未満です。

 

ただし親子リレー返済を行う場合は、70歳以上でも利用が可能です。

 

また他の住宅ローンからの借り換えも可能となっています。

 

 

住宅ローンの借り換え

 

収入の基準は、すべての借り入れの総返済負担率は、年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下です。

 

ちなみに財形住宅融資も同様ですが、各金融機関の住宅ローンの収入基準は、それぞれの金融機関により異なります。

 

 

そして融資限度額は、8,000万円以下で、建設費や購入価額の100%まで借り入れが可能になっています。

 

借り換え融資として利用する際は、8,000万円以下で借り換え対象のローン残高か担保評価額の200%のいずれか低い額まで借りることができます。

 

取得時のローンの借り入れ日から、借り換え融資申し込み日まで1年以上経過し、かつ借り換え融資の申し込み日前日まで、1年間正常に返済しているということが必要です。

 

 

ちなみに財形住宅融資であれば、融資限度額は財形貯蓄残高の10倍以内であり、最高4000万円まで、かつ購入価額の90%以内という制限があります。

 

それ以外の各金融機関での取り扱いローンであれば、限度額は一般的に1億円以内です。

 

 

金利は全期間固定金利で、借入期間に応じて異なります。

 

借り入れ期間が20年以下か、20年以上かによって設定が違います。

 

保証料は不要で、同時に2つのフラット35を組み合わせることも可能です。

 

関連ページ

ゆうちょ銀行の住宅ローンについて
ゆうちょ銀行の住宅ローンには15のプランがあって、状況や希望に応じてプランを選べます。
信用金庫の住宅ローンを利用する際の注意点
信用金庫は地域に根ざした金融機関です。信用金庫にも住宅ローンを利用する際の注意点があります。