信用金庫 住宅ローン

信用金庫の住宅ローンを利用する際の注意点

信用金庫の女性職員
これからマイホームを購入しようとする際に、慎重にならなければならないのがどこの住宅ローンを利用するかという点です。

 

住宅ローンは都市銀行をはじめとして地方銀行、ネット銀行、信用金庫などが取り扱いを行っていますが、金利などの面では各金融機関ごとにそれぞれ独自の設定をしているので、金融機関のカテゴリによる金利の違いというものは存在しません。

 

 

実際に住宅ローンを契約する際には、いつも利用している金融機関のものが安心感がありますが、その金融機関よりも低金利のローンがある場合もあるのでその点に関しては事前に複数の金融機関の情報を集めて比較しておくなどの努力が必要になってきます。

 

また、金利の高低差だけではなく、固定金利かそれとも変動金利であるかといった金利のタイプもローン選びでは重要なポイントとなってきます。

 

将来的な金利の変動次第では最終的なローンの支払額に大きな差がでてくるので金利のタイプ選びというものもローン選びには欠かせない重要なポイントとなってきます。

 

 

信用金庫の住宅ローンの特徴

信用金庫という金融機関は地域に密着したサービスの提供をモットーとしています。

 

その狙いは地域の活性化にあるので大手の銀行のような営利主義ではなく利益の追求をしていないため、自営業者や個人事業主に向けて有利なローンの販売をしてくれる可能性があります。

 

ただし、信用金庫の住宅ローンを利用してマイホームの購入費用を借入れようとした場合の注意点として、信用金庫の営業エリアという問題があります。

 

前述したように地域に密着したサービスの提供をするということがモットーになっているため、営業エリア外に勤務先がある人や居住地がある人はローンを組むことができないようになっているのです。

 

関連ページ

住宅ローンのフラット35の概要とは
住宅ローンでは、フラット35という商品があります。返済期間を長くしたい方にオススメのフラット35の概要について。
ゆうちょ銀行の住宅ローンについて
ゆうちょ銀行の住宅ローンには15のプランがあって、状況や希望に応じてプランを選べます。