変動金利 5年ルール 125%ルール

変動金利の5年ルールと125%ルールによる未払い利息のリスクについて

未払い利息のリスク

 

変動金利といえば、金利上昇リスクが不安要素として考えられます。

 

その中でも知っておかなければいけないリスクが、「未払い利息」ということになります。

 

 

未払い利息とは、急激な金利上昇により返済額より利息の方が多くなるという状態です。

 

通常を変動金利型ローンは、5年単位で金利の見直しが行われます。

 

しかし、実際には年に2回金利の見直しが行われているのですが、毎月の返済額は変わらないように調整されているのです。

 

 

どういうことかというと、例えば「元金5万円+利息5万円=毎月10万円」で住宅ローンを返済していたとします。

 

そして年2回の金利見直しがあり、金利が上がって「利息=6万円」となったとします。

 

本来ならば「元金5万円+利息6万円=毎月11万円」となり、返済額が10,000円増えることになります。

 

しかし、変動金利の5年ルールの提供により「元金4万円+利息6万円=毎月10万円」と返済内容を変更して、元金の返済を減らすことで毎月の返済額が変わらないように調整されるのです。

 

毎月の返済金額が変わらないのは嬉しいですが、元金が減らないことになるので6年目以降の返済額に大きく影響することになります。

 

 

金利見直しで一気に返済額が増えると困るますよね

金利の見直しにより返済金額が大きく変わってしまうと困ってしまいますよね。

 

そうならないために、5年単位での金利見直しにより返済額が一気に増えてしまわないようにする規定が設定されています。

 

それが「125%ルール」と呼ばれる規定です。

 

 

この125%ルールとは、金利見直しが行われた6年目以降も直前の返済額の1.25倍を上限にする規定のことです。

 

そうすることで変動金利による急激な返済額の増加を回避する仕組みになっています。

 

一見すると返済する側に有利な条件なように見えますが、実は金利上昇による負担増を将来的に先送りしているだけということを知っておかなければいけません。

 

 

直近の返済額の1.25倍を上限金額を超過した分は、そのまま累積され次の変動金利見直し時に組み込まれることとなります。

 

そこでも改めて125%ルールが適用されるのですが、ローン返済までずっとこの繰り返しで行くと最終的に超過分となった差額を支払うことに変わりはありません。

 

125%ルールと聞くと、超過分は支払わなくていいように勘違いをする人も多いので注意してくださいね。

 

変動金利の「5年ルール」と「125%ルール」の内容を知っておかないと、未払い利息によってローン残高が増えてしまう事態に陥ってしまうことになりかねませんから。

 

 

未払い利息を回避するために

変動金利型ローンによる未払い利息が発生する仕組みについて書いてきましたが、最近の低金利時代に於いては未払い利息が発生するケースはまずありません。

 

実際に未払い利息が発生したケースは、今から20年以上も前にさかのぼります。

 

 

また、長期で変動金利型ローンを選択している場合に発生する可能性はありますが、一部繰上返済でローン残高を減らすなどすれば対処できます。

 

発生する可能性は低いかもしれませんが、変動金利を選択する限り未払い利息が発生するリスクがあることは知っておきましょう。

 

「返済してるにもかかわらずローン残高が増えてしまう」という恐ろしい状態にならないように、金利変動や金利見直しにはある程度注意しておきましょう。

 

最近では変動金利あっても、年2回の適用金利の見直し時に返済額も変わる変動金利型ローンも登場しています。

 

変動金利特有の125%ルールは適用されませんが、未払い利息が発生することもありません。

 

住宅ローンの商品ラインナップは、年々種類が新しいサービスが登場しています。

 

公式サイトや金融機関の相談窓口などで情報収集をすることで、自分にとって魅力的な新しいサービスを見つけることができるかもしれません。

 

人気銀行の最新住宅ローン情報はコチラから。

 

 

 

関連ページ

変動金利について
住宅ローンで変動金利を選ぶ場合の注意点や失敗しない選び方を紹介しています。
固定金利について
住宅ローンを選ぶ場合に固定金利はお得なのでしょうか?変動金利との違いについて解説。
固定金利と変動金利はどっちがお得!?
住宅ローンを借りる場合に、固定金利と変動金利のどっちがお得なのでしょうか?その答えは・・・
住宅ローンを低金利で借りたい!
住宅ローンを低金利で借りたいという方に人気の銀行系住宅ローンを紹介しています。
住宅資金を借りる住宅ローンの金利比較
住宅資金を借りる場合に住宅ローンの金利比較はトータルの返済額を意識してシミュレーションしましょう!