住宅ローン 変動金利

変動金利についての注意点

変動金利で契約する

住宅ローンを組む多くの人が変動金利での契約をしているとされています。

 

変動金利は、住宅ローンの金利の中でその時の一番安い金利で契約をすることができるため、変動金利を選択する人が多いのです。

 

変動金利は安い金利となりますが、金利が上昇していけば、それだけ総返済額が上がってしまいますが、金利が下がれば、総返済額は少なくなります。

 

金利の変動により、総返済額に変更が生じるのは、大半の銀行では年に2回あり、4月と10月に適用となります。

 

ですが、変動金利を選択した場合でも、5年間は毎月の支払額が変わらないように設定してある銀行がほとんどです。

 

毎月の支払額は変わりませんが、元本や金利分の支払いが多くなったり、少なくなったりするのです。

 

 

変動金利の場合には、金利が高くなった時の負担は自分自身が負うことになりますが、固定金利の場合には、変動金利よりも多くの金利を支払っていますから、固定金利よりも金利が上昇した場合には、その差額は銀行側が負担することになります。

 

 

変動金利は、毎月、住宅ローンの金利を発表しますから、契約の際には、その時の変動金利で契約をすることになります。

 

 

急激に金利が上がってしまう事を不安に思う人は多いのですが、実際には、激変緩和措置が取られているため、5年後に毎月の返済額に見直しがある時には、1.25倍までしかあげてはいけないという決まりがあります。

 

元金均等返済を選択している場合には、そのような緩和措置を受けることができませんし、5年間返済額が変わらないという事はありません。

 

 

関連ページ

固定金利について
住宅ローンを選ぶ場合に固定金利はお得なのでしょうか?変動金利との違いについて解説。
固定金利と変動金利はどっちがお得!?
住宅ローンを借りる場合に、固定金利と変動金利のどっちがお得なのでしょうか?その答えは・・・
変動金利の5年ルールと125%ルールは知っていますか?
住宅ローンの変動金利型ローンには、5年ルールと125%ルールという規定がありますが知っていますか?
住宅ローンを低金利で借りたい!
住宅ローンを低金利で借りたいという方に人気の銀行系住宅ローンを紹介しています。
住宅資金を借りる住宅ローンの金利比較
住宅資金を借りる場合に住宅ローンの金利比較はトータルの返済額を意識してシミュレーションしましょう!