住宅ローン 低金利

住宅ローンを低金利で借りたい!

金利上昇

「住宅ローンを低金利で借りたい」とは、だれもが思うことです。

 

わずかな金利の差でも、「3000万円、35年返済」といったプランでローンを組めば、数百万円もの差が生まれてきます。

 

 

 

それでは、低金利で住宅ローンを組むためにはどうすればいいでしょうか?「金利が低いときにローンを組む」というのは重要です。

 

現在はアベノミクスなどの影響で、歴史的な低金利状態が続いていますから、今はチャンスであると言えます。

 

しかし、将来金利がどうなるかということはだれにもわかりません。

 

今後は徐々に金利は上がっていくと予想されていますが、逆にもっと下がる可能性だってゼロではないのです。

 

また、金利が下がるのを待っていたら、マイホームを購入のチャンスを失う可能性だってあります。

 

 

 

「複数の住宅ローンを比較する」ということは重要です。

 

多くの人が、不動産会社の営業マンに勧められた金融機関でローンを組んでいるというデータがあります。

 

十分に比較をすることで、もっと良い条件のものが見つかるかもしれません。

 

 

 

そして最も重要なことは、マイホームの購入に備えて属性を良くする努力をしておくことです。

 

「年収を上げる」、「勤続年数を増やす」、「安定企業で働く」、「正社員で働く」といったことは、すぐにどうにかなる問題ではないですが、「普段からクレジットカードやローンで延滞をしないようにしておく」ということなどはちょっと気をつけるだけで改善できる問題です。

 

また、住宅ローンを組むタイミングではなるべく借金をしないようにしておきましょう。

 

自動車ローンなども、マイホーム購入のタイミングでは完済できているようにすると理想的です。

 

気休め程度ですが、キャッシング枠付きのクレジットカードを解約したり、キャッシング枠をゼロにしておくことで、審査で有利になることもあります。

 

関連ページ

変動金利について
住宅ローンで変動金利を選ぶ場合の注意点や失敗しない選び方を紹介しています。
固定金利について
住宅ローンを選ぶ場合に固定金利はお得なのでしょうか?変動金利との違いについて解説。
固定金利と変動金利はどっちがお得!?
住宅ローンを借りる場合に、固定金利と変動金利のどっちがお得なのでしょうか?その答えは・・・
変動金利の5年ルールと125%ルールは知っていますか?
住宅ローンの変動金利型ローンには、5年ルールと125%ルールという規定がありますが知っていますか?
住宅資金を借りる住宅ローンの金利比較
住宅資金を借りる場合に住宅ローンの金利比較はトータルの返済額を意識してシミュレーションしましょう!