住宅ローン 必要書類

住宅ローンの申込時の必要書類はどんなものがあるか

必要書類をチェック

一般の人が一戸建てや分譲マンションを購入する際に欠かせないのは住宅ローンの申し込みです。

 

通常、金融機関の住宅ローンは事前審査と正式審査の2段階に分けて行われ、それぞれで申込書とともにいくつかの必要書類を添付しなければなりません。

 

 

住宅ローンの申込時の必要書類は主に、本人確認書類、収入証明書類、勤務状況を証明可能な書類、購入する住宅に関する資料の4種類があります。

 

ただし、ケースによっては、上記以外にも書類が必要となる場合があるので、媒介契約を結んだ不動産業者や金融機関の説明をよく聞いた上で必要書類を集める必要があります。

 

 

本人確認書類は公的機関が発行している身分証明書のことで、運転免許証や健康保険証、パスポート、在留カード、印鑑登録証明書、住民票などが該当します。

 

事前審査では1点のみを用意すれば十分としている金融機関が多いですが、正式審査では住民票と印鑑登録証明書は必須となり、これらとは別に身分証明書を1点用意しなければなりません。

 

 

収入証明書類は、直近の収入や所得の状況がわかる書類のことで、給与所得者の場合は源泉徴収票や住民税決定通知書などが、個人事業主の場合は確定申告書や所得税および事業税の納税証明書などが該当します。

 

この書類についても、事前審査では1点のみを提出し、正式審査で複数提出するようになっている金融機関が殆どです。

 

 

勤務状況が証明可能な書類とは、勤務先やそこに務めている年数などがわかる書類のことで、健康保険証を提出します。

 

健康保険証には被保険者となる資格を得た日付が記入されており、そこから勤続年数がわかるようになっているからです。

 

 

購入する住宅に関する資料は、ローンを組む目的によって異なります。

 

例えば、一戸建ての新築時にローンを組む場合は、売買契約書、重要事項説明書、建築確認済証、検査済証、土地と建物の登記事項証明書、実測図、公図、物件の概要書(パンフレット)などを金融機関に提出します。

 

これに対して、分譲マンションを購入するためにローンを組む場合は、登記事項証明書は建物に関するものだけでよく、建築確認済証、検査済証、図面は提出する必要はありません。

 

関連ページ

住宅ローンの無料相談会に潜む罠には気を付けて!
住宅ローンの無料相談会は利用した方がいいですが、注意する点がたくさんあります。
住宅ローンの諸費用は数十万円にもなります!
住宅ローンを借りる場合に諸費用が掛かるのですが、その金額が数十万円も掛かるのですから驚きです。その内容について説明しています。
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法とその歳の注意点について
住宅ローンの頭金は何割くらいが理想?
住宅ローンを借りる場合に頭金はどれくらい必要だと思いますか?住宅購入時の頭金は何割くらいが理想かを調べてみました。