住宅ローン 諸費用

住宅ローン利用時の諸費用について

住宅ローンを組む場合には、さまざまな費用が発生します。

 

住宅ローン利用時にかかる諸費用としては下記のものがあります。

 

 

【印税紙】
住宅ローン借入契約書に貼り付けする印紙代。
500万円超1,000万円以下:1万円
1,000万円超5,000万円以下:2万円
5,000万円超1億円以下:6万円

 

【融資事務手数料】
借入手続きに要する手数料。
金融機関によって異なりますが、一般的に2万〜5万円程度になります

 

【保証会社保証料】
保証会社の保証制度を利用する場合の費用。
ほとんどの銀行では必要となりますが、最近ではネット銀行が保証料0円の住宅ローン商品を販売しています。
保証料は借入額と返済期間、保証会社によって異なります。

 

【登録免許税】
抵当権設定にかかる税金。
最新の税率はこちら

 

【司法書士報酬】
抵当権設定手続きを行う司法書士への手数料。
司法書士によって異なりますが、数万円から10万円程度が一般的です。

 

【火災保険料】
住宅につける火災保険の保険料。
保険会社や建物の構造・保険の種類・期間によって異なります。
地震を原因とする火災・損壊・埋没については地震保険の加入が必要となります。
地震保険制度の概要はこちら

 

【団体信用生命保険料】
フラット35以外の住宅ローンでは、保険料は金利に含まれています。
フラット35からの借入の場合は任意加入となり、加入の場合は別途費用が必要となります。
最近では生命保険会社の収入保障保険で代用する人も増えています。

 

 

住宅ローンの費用の中でも保証料が最も大きな金額となるので、保証料無料の住宅ローンが注目を集めています。

 

都銀・地銀・信託銀行などは保証料が必要となり、ネット銀行は保証料0円の住宅ローンプランを提供している傾向にあります。

 

住宅ローン借入時の諸費用については、各金融機関の公式サイトで返済シミュレーションもすれば諸費用の詳細も把握することができます。

 

諸費用だけで数十万円の金額が必要となるので、住宅ローンを比較する場合は金利だけでなく諸費用も含めた返済総額で比較するようにしてください。

 

関連ページ

住宅ローンの無料相談会に潜む罠には気を付けて!
住宅ローンの無料相談会は利用した方がいいですが、注意する点がたくさんあります。
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法とその歳の注意点について
住宅ローンの申込時の必要書類はどんなものがあるか
住宅ローンの申込時の必要書類には、どのような書類が必要なのか調べてみました。
住宅ローンの頭金は何割くらいが理想?
住宅ローンを借りる場合に頭金はどれくらい必要だと思いますか?住宅購入時の頭金は何割くらいが理想かを調べてみました。