住宅ローン 無料相談会

住宅ローンの無料相談に潜む罠には気を付けて!

住宅ローンの無料相談

 

住宅ローンを借りるときって、とにかく分からないことばかりで困りますよね。

 

そんな場合に住宅展示場の「無料 FP 相談」や銀行の「住宅ローン無料相談会」を利用して疑問や悩みを解決しようとする人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん無料 FP 相談や住宅ローン無料相談会が悪いとは言いません。

 

しかし無料で行われてる以上、その相談内容をそのまま鵜呑みにしてしまっては必要以上のローンを組んでしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

 

 

前提として無料で相談にのってくれる人は、雇われている企業の利益を考えて住宅ローンの提案をすることになります。

 

住宅メーカーの営業マンや銀行行員などの場合は分かりやすいですが、無料 FP相談会のファイナンシャルプランナーもどこかの企業から報酬を得ています。

 

ということは、その企業の利益を考えて住宅ローンを提案してきても不思議はありません。

 

それだけに、中にはお客様のメリットよりも企業側のメリットを優先させて提案をしてくる相談員もいるので注意が必要です。

 

例えば、こんな提案をしてくる人は注意が必要です。

 

 

こんな提案にはご注意を!

住宅ローンの無料相談会などにいくと、自分がどれくらいの物件が購入できるのか返済シミュレーションをしてくれます。

 

もしくは気に入っている物件を購入する場合に、どのような返済プランになるのかをシミュレーションしてくれるのです。

 

具体的な金額で毎月の返済額を見れるので、その金額によっては「これなら買えるかも!」と購入意欲がグッと高まったりします。

 

でも、中には自分の収入では、購入するのが難しい金額だったりすることもあります。

 

そんな場合でも、なんとか借入れをさせようとして、下記のようなアドバイスをしてくる相談員もいます。

 

・退職金で完済すれば大丈夫です
・奥さんも働けば無理な金額ではありません

 

こんなアドバイスをされたら要注意です。

 

 

退職金が幾らもらえるか分からないのに、完済できるかどうかなんて分かりませんよね。

 

それに、子供が生まれたり仕事が見つからなかったり、奥さんが働ける生活環境になるかどうかも分かりません。

 

そんな不確かな根拠を元にいかにも大丈夫そうに言ってくるから本当に気をつけてくださいね。

 

でも、これらはまだ注意が必要だと分かりやすいケースなんです。

 

もっと分かりにくいケースがあるんですよ。

 

それは・・・

 

「ローン返済額が、今の家賃より安くなりますよ!」

 

という鉄板の決め文句です。

 

ひょっとしてあなたも同じようなことを言われたんじゃないですか?

 

 

こう言われると、「今の家賃より安くなるんだったら、ローン組んでも全然大丈夫!」と思ってしまいますよね。

 

確かに住宅ローン返済シミュレーションを見ると、今の家賃よりも毎月の支払い額は安くなっています。

 

このシミュレーションに嘘はありません。

 

しかし、上手にごまかされているケースが多いので注意してください。

 

 

というのもローンには、変動金利・当初固定金利・通期固定金利などの金利プランがあります。

 

家賃よりも安いシミュレーションの金利が、通期固定金利で試算されているのであれば問題ありません。

 

しかし当初固定金利で計算されていると、借り始めの数年間(特約期間)だけ安い金利で設定され、特約期間終了後は高い金利になってしまいます。

 

つまり最初のうちは家賃よりも低い返済額だったのが、一定の期間をすぎれば家賃以上の返済額に跳ね上がってしまう仕組みになっているんです。

 

 

そして一番多いのが、変動金利で住宅ローンをシミュレーションしている場合です。

 

変動金利の場合金利が安く設定されているので、毎月の返済額は少なくて見えます。

 

しかし5年ごとに金利の見直しが行われるので、将来的な返済額が不明確な金利プランなのです。
*変動金利の怖さについてはこちらのページ(変動金利の5年ルールと125%ルールを知っていますか?)で説明しているのでお読み下さい。

 

住宅ローンといえば何千万という大金を長い期間で返済していく人が多いので、目先の金利プランだけで安易に考えてしまっては大変なことになりかねません。

 

家賃よりも安い返済額だから大丈夫と言われて、金利が上がってしまった場合に家計を圧迫するリスクを考えない人が余りにも多すぎます。

 

本来ならば借入額を減らせるように物件価格を下げるか頭金を増やすなど話をしてくれるのが、お客様のことを考えた提案と言えます。

 

しかし無料相談ではクライアントの利益との兼ね合いもあるので、お客様のメリットを第一優先にした提案をしてくれるとは限りません。

 

無料相談会で疑問や分からないことを質問するのはいいですが、回答内容や提示されるローンプランを何も考えずに鵜呑みにするのはやめておきましょう。

 

複数のファイナンシャルプランナーや金融機関の話を聞いて情報収集した上で、住宅ローンをどこにするか決めていく事が大切です。

 

 

関連ページ

住宅ローンの諸費用は数十万円にもなります!
住宅ローンを借りる場合に諸費用が掛かるのですが、その金額が数十万円も掛かるのですから驚きです。その内容について説明しています。
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法
住宅ローンシュミレーションを簡単に行う方法とその歳の注意点について
住宅ローンの申込時の必要書類はどんなものがあるか
住宅ローンの申込時の必要書類には、どのような書類が必要なのか調べてみました。
住宅ローンの頭金は何割くらいが理想?
住宅ローンを借りる場合に頭金はどれくらい必要だと思いますか?住宅購入時の頭金は何割くらいが理想かを調べてみました。