住宅ローン 審査

住宅ローンの審査で借りる人に

住宅ローンの審査

住宅ローンを借りて住宅を購入する時にその審査が希望通りに通るのか心配するのです。

 

住宅ローンの審査の対象は幾つかありますが借り入れをする人に対してのことでは、今までの借り入れの状態があります。

 

きちんと住宅ローンの返済をしてくれるかどうかという事です。

 

銀行、クレジット会社、信販会社、消費者金融などはお互いが借入暦などの情報を共有できるので申し込みする時にはそれらの借入はきちんとしていることが大切です。

 

勤務先の事もあります。

 

しかし以前よりこの部分は重要視しない金融機関も増えてきています。

 

会社の大きさなどはそれほど大きな事では無くなってきているのかも知れません。

 

しかし、勤続年数は大切となります。

 

同じ所で長く働いている人ほど返済をきちんとしてくれるということになります。

 

それでも、この勤務年数も以前より厳しく無くなってきています。

 

 

収入が多いだけではダメ!?

返済に直接関係してくる収入ですが、多ければ良いというものでもありません。

 

収入が多いと審査が通り、少なければ通らないというのでは無く、求めているのは安定した収入になります。

 

一般的に公務員や正社員などは評価が高いのです。

 

契約社員や派遣社員、パートなどの場合は厳しい評価になる場合が多いです。

 

自営業などの時は個人の収入だけでなく会社の状況を調べてからの評価になってきます。

 

住宅ローンを借りるときには、それを借りている人が亡くなった場合に残っているローンの返済を全額してくれる生命保険に加入が必要となりますが、その団体信用生命保険の審査に通ることが必須条件となっています。

 

それが通らないと借りる事が難しくなってきます。

 

と、いろいろとありますが家を購入しようと思ったら相談をすることがおすすめです。