住宅ローン 団体信用生命保険

住宅ローンの団体信用生命保険のメリット

団体信用生命保険

住宅ローンを組むときに加入する際には保険の加入を要件とされます。

 

それは、火災保険と団体信用生命保険です。

 

火災保険は抵当権の設定している住宅が焼失した際には、貸した銀行は無担保債権になり、貸し倒れリスクが高まるので、その貸したお金を確実に回収するために火災保険給付金に質権を設定して優先回収するものです。

 

これには債務者の救済のメリットつまり借金完全返済という面があります。

 

 

では団体信用生命保険にはどんなメリットがあるかといいますとこの保険は、債務者が死亡や事故や病気による重い障害になった場合、債務者の家族でのローン返済が不可能になることが多い傾向にあります。

 

そのために、住宅ローン貸金の返済不能を防ぐためのもので、その保険給付金を住宅ローンの残債務にすべて当てて借金の完全返済にするというものです。

 

やはりこの制度も債務者を返済不能リスクから救うためのものと言えます。

 

 

 

団信保険の仕組みについて

団体信用生命保険は、実は火災保険と同様に貸し手である銀行の貸し倒れリスク回避の構成になっています。

 

事態が生じますと結果銀行は何の損もなく保険会社からの給付金によって、貸出資金が回収できるしくみでもあります。

 

 

とは言え何が起こるかわからない世の中で死亡することも又病気で重い障害をかかえることありますので、ローンを契約するものにとって安心できるシステムです。

 

本来は、この保険料は利息の加味されていたりなどして債務者の負担金でしたが、近年は住宅ローンの顧客獲得の激化から、銀行が保険料を負担する場合が増えてきました。

 

わずかな金額ですが、積もればかなりの金額になりますので、この団体信用生命保険の保険料についてはローン契約締結の際には検討したほうがいいと思われます。

関連ページ

公的融資-財形住宅融資ってどう?
最後の公的融資と言われている財形住宅融資は、民間の銀行住宅ローンと比較してメリットは大きいのでしょうか?
銀行の住宅ローンはどこがいい?
住宅ローンといえば銀行が思い浮かびますが、都銀・地銀・ネット銀行・JAバンク・ろうきんなどどこがいいんでしょうか?
住宅ローンを組むメリットとは
住宅ローンを組むメリットについて考えてみました。
住宅ローンはいくらまで借りられるのか
住宅ローンはいくらまで借りられるのか限度額を知りたい人はコチラから。
中古の住宅ローンの選び方
中古住宅を購入する場合に住宅ローンの選び方は変わってくるのでしょうか?