住宅ローン 限度額

住宅ローンはいくらまで借りられるのか

限度額を調べる

家を購入するとき、住宅ローンで100%調達する方法は得策とは言えません。

 

 

頭金を20%程度は用意するのが好ましく、借入額は80%程度に抑えるのが理想です。

 

 

頭金を沢山用意するほど、審査に通過しやすくなります。

 

 

頭金なしで借入できるローンも登場していますが、用意したほうが審査では有利になりますし、利息の支払いも減ります。

 

 

自己資金分には利息が発生しないので、いかに借入分を減らすかが重要なのです。

 

 

利息を減らすポイントは、頭金と繰り上げ返済にあります。

 

 

 

年間の返済額の目安は、年収の20〜25%くらいです。

 

年収600万円の方ならば、120万円〜150万円くらいに抑えておくべきです。

 

月の返済額では、10万円〜12.5万円となります。

 

返済計画を立てるときは、現実的に月いくら返済できるのか考えることです。

 

長期借入となる住宅ローンは、無理な返済計画を立てると行き詰まります。

 

経済的に今よりも厳しくなったことも想定し、無難に返済していける金額を決めましょう。

 

完済までの家計をシミュレーションして、子供の教育費が高額になる時期でも無理なく返済していけることが大切です。

 

 

そのためには、毎月いくらかの貯金をしていくことも重要です。

 

貯金ゼロの状態で急な出費となれば、ローンを利用するしかありません。

 

住宅ローン以外のローンは、なるべく利用しないほうがいいのです。

 

キャッシングや自動車ローンなどの返済もあれば、それらも考慮して住宅ローンの返済額を決めていく必要があります。

 

借入できる金額を考えるよりも、無理なく返済できる金額を知ることが大切なのです。

 

完済をイメージして返済計画を立てて、遅延することがないようにしましょう。

 

遅延が生じる理由の多くは、無理な返済計画にあるのです。

 

関連ページ

公的融資-財形住宅融資ってどう?
最後の公的融資と言われている財形住宅融資は、民間の銀行住宅ローンと比較してメリットは大きいのでしょうか?
銀行の住宅ローンはどこがいい?
住宅ローンといえば銀行が思い浮かびますが、都銀・地銀・ネット銀行・JAバンク・ろうきんなどどこがいいんでしょうか?
住宅ローンを組むメリットとは
住宅ローンを組むメリットについて考えてみました。
中古の住宅ローンの選び方
中古住宅を購入する場合に住宅ローンの選び方は変わってくるのでしょうか?
住宅ローンの団体信用生命保険のメリット
住宅ローンの団体信用生命保険には、借り手にとっても大きなメリットがあります。