銀行 住宅ローン

銀行の住宅ローンはどこがいい?

住宅ローンの借入先として真っ先に思いつくのが、銀行の住宅ローンです。

 

一口に銀行といっても、大きく分けると下記の5つに分けられます。

 

1,都市銀行
2,地方銀行
3,信託銀行
4,ネット銀行
5,JAバンク
6,労金

 

それぞれの金融機関によって特徴がありますが、自分の生活環境や労働環境によってどの金融機関が一番メリットが大きいかを考えていきましょう。

 

 

1,都市銀行

 

東京や大阪などの大都市に本店を置き、全国各地に店舗網を持つ大手銀行です。

 

都銀と呼ばれることもありますが、一般的に下記の5行のことを指します。

 

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行

 

全国的に見た総店舗数は多いのですが、都市部に集中していることもあり地方では地銀の方が最寄りの店舗は多いです。

 

都市銀行の住宅ローンというと「審査が厳しい」というイメージがありますが、一部ネット銀行の方がその傾向は強くなっているようです。

 

最近では審査時間も短くなっていて、本審査前の仮審査(事前審査)は1〜3営業日で審査結果が分かるようになっています。

 

自己資金が総費用の20%以上を準備できる場合は、最優遇金利の適用も期待できますので借入先として検討して見てはどうでしょうか。

 

最近では借り手側の疑問や質問を解決するために、土日祝日でも店舗で住宅ローン相談を受けられる銀行も増えてきました。

 

 

2,地方銀行

本店所在地のある都道府県をメインに店舗展開をしているので、地方在住の方が店舗利用しやすい銀行です。

 

特徴としては管轄エリアでの競争度合いによって金利水準や商品内容も異なってくることがあります。

 

都銀や地銀の数も多い首都圏・近畿圏・名古屋などの都市部では、金利競争により金利の低いマイカーローン商品も多いです。

 

金利競争の少ない地方部では金利水準も高くローン商品の種類も少ない場合がありましたが、最近のネット銀行の台頭により全体的に金利水準も低くなる傾向にあります。

 

 

そうは言ってもまだまだ条件の良くない地銀もありますので、その場合は

 

・フラット35
・ネット銀行
・ JA バンク
・他県に本店がある地方銀行の支店

 

などで借入先を検討してみると金利条件が比較しやすくなります。

 

都銀同様に住宅ローン相談会を土日祝日などに行っていますので、興味のある方は各地銀の本ページなどで確認して見てください。

 

 

3,信託銀行

信託銀行は店舗数が少ないため都市部でも近くに店舗がない場合が多いです。

 

そういう意味では不便なのですが、最低水準の優遇金利で設定されている場合もあるので、可能であれば検討先として加えておきたい金融機関です。

 

三井住友信託銀行
三菱UFJ信託銀行

 

 

4,ネット銀行

店舗網を持たないネット銀行は、全国どこからでも利用ができることもあり注目度が高くなっています。

 

ネット銀行の最大の魅力は、低い金利水準による住宅ローンプランが用意されているということです。

 

魅力的な商品をラインナップしているネット銀行として、

 

ソニー銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
楽天銀行
新生銀行
じぶん銀行

 

などがあります。

 

 

イオン銀行や新生銀行などは店舗もあるので、実際に店頭窓口で住宅ローンについて相談することも可能です。

 

特にイオン銀行はイオンのショッピングセンター内に店舗があるので、利便性は高いと言えます。

 

店舗がないネット専用銀行でも、ソニー銀行のように住宅ローン相談窓口「住宅ローンプラザ」や銀行代理業者の各店舗で相談を受けることができます。

 

しかし住宅ローンプラザは東京(八重洲)にしかないので、利便性は高いとはいえません。

 

地方の人はソニー生命のライフプランナーに相談することになりますが、こちらもソニー生命の営業地点から遠く離れた地域に住んでいる場合は利用できないケースがあります。

 

ネット銀行を上手に利用する場合は、各金融機関の商品内容や金利を比較できるようにある程度知識を持つことが必要不可欠です。

 

 

5,JAバンク

JA バンクは出資金を払って「准組合員」になれば、住宅ローンの利用は可能になります。

 

全国に店舗ありますが、都銀や地銀と違い管轄される地域や店舗によって金利が異なる場合があります。

 

また、居住地か勤務先があるエリアを管轄している店舗からしか借り入れができないという制限がありますので、金利の安い店舗があっても管轄エリア外の場合借り入れすることができません。

 

JA バンクは都銀や地銀よりも金利交渉などがしやすい傾向にあり、住宅ローンの借入先としては加えておきたい金融機関です。

 

インターネットでは住宅ローン情報を調べにくい場合もありますので、最寄りの店舗に行ってみることをおすすめします。

 

JAバンクの住宅ローン

 

 

6,労金

労働金庫は全国で13のエリアに分かれてサービスを提供しています。

 

労働組合員の福利厚生のために設立された金融機関ですが、労組の組合員でなくても住宅ローンは利用できます。

 

しかし組合員よりも、「少し金利は高くなる」「保証料が必要になる」場合もありますので、比較の際は間違いないようにしましょう。

 

普段はあまり利用することのない労金ですが、住宅ローンをはじめとした各種ローンを取り扱っているのでどのようなサービスを提供してるのか一度チェックしてみるといいかもしれません。

 

お近くの労金はこちらから

 

 

 

 

関連ページ

公的融資-財形住宅融資ってどう?
最後の公的融資と言われている財形住宅融資は、民間の銀行住宅ローンと比較してメリットは大きいのでしょうか?
住宅ローンを組むメリットとは
住宅ローンを組むメリットについて考えてみました。
住宅ローンはいくらまで借りられるのか
住宅ローンはいくらまで借りられるのか限度額を知りたい人はコチラから。
中古の住宅ローンの選び方
中古住宅を購入する場合に住宅ローンの選び方は変わってくるのでしょうか?
住宅ローンの団体信用生命保険のメリット
住宅ローンの団体信用生命保険には、借り手にとっても大きなメリットがあります。