中古住宅 住宅ローン

中古の住宅ローンの選び方

中古住宅

マンションや一戸建てを購入する場合、必ずしも新築である必要はありません。

 

中古住宅はお手頃な価格で購入できます。

 

住宅ローンは、無理のない借り入れ額と生活に適した返済プランを選ぶことが大切です。

 

しかし中古住宅は、新築を購入する場合とは違う点も多々あります。

 

 

新築の場合は、申し込みから引渡しまではかなり長い期間があります。

 

中古の場合は購入を決めてから引渡しまでが短いことが多いです。

 

住宅ローンの申し込みは大体一ヶ月ほどはかかるといわれています。

 

そうなると、手続きには余裕がなくなります。

 

あらかじめ、どのようなローンがいいのか情報収集して的確に決める必要があるのです。

 

 

中古物件は諸費用について

中古物件は諸費用がかかります。

 

一般的な購入は不動産業者の仲介が入ることがほとんどです。

 

そうなると、仲介手数料が必要になります。

 

また、物件によってはリフォームが必要になることもあります。

 

そのため、少し多めに借り入れすることを検討したほうがよいでしょう。

 

住宅ローンで借り入れができれば、返済する負担額が軽くなり、返済計画がたてやすくなるメリットがあります。

 

リフォームローンは手軽ではありますが、住宅ローンとあわせての返済となると毎月の返済額が多くなってしまうのです。

 

このようなことから、まとめた形でローンを組んだほうがお得であるといえます。

 

 

物件の引渡しは、売主の都合で日程を急がされることもありますが、納得のいくローンを選ぶためにも十分に検討する必要性があります。

 

できるだけ日程に余裕が持てるように売主と相談するほうがよいでしょう。

 

このように、新築物件よりは手間とコストはかかりますが、ライフスタイルに合わせたローンを選ぶことで、よりよい物件を手に入れることが可能です。

 

関連ページ

公的融資-財形住宅融資ってどう?
最後の公的融資と言われている財形住宅融資は、民間の銀行住宅ローンと比較してメリットは大きいのでしょうか?
銀行の住宅ローンはどこがいい?
住宅ローンといえば銀行が思い浮かびますが、都銀・地銀・ネット銀行・JAバンク・ろうきんなどどこがいいんでしょうか?
住宅ローンを組むメリットとは
住宅ローンを組むメリットについて考えてみました。
住宅ローンはいくらまで借りられるのか
住宅ローンはいくらまで借りられるのか限度額を知りたい人はコチラから。
住宅ローンの団体信用生命保険のメリット
住宅ローンの団体信用生命保険には、借り手にとっても大きなメリットがあります。